薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師で年収1000万円はあり得る?

病院薬剤師で年収1000万円はあり得る?

病院薬剤師に転職する際に、どの程度の給料がもらえるか気になる人も多いはずです。病院によってもちろん異なりますが、大体病院薬剤師の給料の相場は年収で400〜600万円といわれています。この数字から見てもお分かりのように、病院薬剤師で年収1000万円を超える所得を得るのは極めて難しいと思った方が良いです。少なくとも、転職していきなり病院で年収1000万円得られるケースはまれだと思って下さい。ただし、仕事を続けることで昇給していって、年収1000万円を超えるというケースはあるでしょう。

もし将来的に年収1000万円を超えるような病院で勤務したいと思っているのなら、大学病院や総合病院のようなところに就職することです。中小の規模の病院で年収1000万円超えはまず不可能と思うべきです。ただし総合病院や大学病院の場合、その地域の中核を担っている病院でほかでは治療の難しい重症や難病の患者も受け入れているでしょう。自分の判断ミスで、患者の命を危険にさらすこともあるはずです。そのような責任感を強く持って毎日勤務しなければならないことも覚悟しておくべきです。

年収1000万円で病院薬剤師の仕事をするためには、管理薬剤師になりましょう。管理薬剤師とは調剤や服薬指導のような薬剤師本来の業務だけでなく、マネージメント業務も担当する人です。薬剤だけでなく、人の管理も任されます。各種医薬品のストックがどうなっているか、病院薬剤師のローテーションをどう回していくかといった業務もプラスされます。仕事量が多くなるので大変ではありますが、その分報酬はアップします。

管理薬剤師ですが、病院以外でも調剤薬局やドラッグストアでもこの肩書きで仕事をすることは可能です。まずは調剤薬局やドラッグストアで管理薬剤師としての仕事をしてから、病院に転職することで高収入が得られるかもしれません。病院に管理薬剤師待遇で転職すれば、いきなり年収1000万円は厳しいでしょうが、600〜700万円くらいの条件で勤務できる可能性はあります。400万円台からなかなか昇給しないと言われる病院薬剤師の中では、かなりの高給であることは確かです。

年収1000万円以上の病院薬剤師になりたいのなら、私立病院よりは国公立病院に勤務した方が可能性は高まります。国公立病院に就職すれば公務員扱いで、給料も公務員としての給与システムが適用されます。手当が手厚くボーナスも高めといわれているので、勤続すれば年収1000万円を稼げる可能性は高いです。