薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の年齢制限は?

病院薬剤師の年齢制限は?

病院薬剤師に転職しようと思っているのなら、早めに行動を起こすことが求められます。というのも、ほかの職種同様、病院薬剤師も年齢が上になればなるほど転職が厳しくなるからです。まず20代から30代半ばまでであれば、病院薬剤師に転職できる可能性は十分あります。まだ若いのでのびしろが期待できますし、病院のやり方にもいち早く順応してもらえる可能性が高いからです。薬剤師はキャリアに応じて徐々に給料が高くなります。20代から30代の薬剤師であれば、それほど高い給料を支払わずに済むので雇いやすいです。

特に30代前後の病院薬剤師は転職しやすいでしょう。まだ若いですし、ある程度の薬剤師としてのキャリアもあると考えられるので、あまり教育することなく即戦力として活用できるからです。20代半ばくらいのいわゆる第二新卒の場合、教育をしっかりしなければならないので病院によっては嫌がる可能性もあります。また20代から30代前半で複数回の転職があると、「雇ってもすぐにやめてしまうのではないか」と思われてマイナスの印象になる恐れもありますから注意です。

30代後半から40代になると、性別で転職の可能性が少し変わってきます。男性よりも女性の方が転職しやすいです。男性の場合、正規雇用を希望する人が多いです。40代くらいのキャリアになると、それなりの給料・待遇で迎えないといけません。人件費を圧迫すると考えられ、「それならもう少し若い人材を」と思われてしまいます。女性の場合、この年代は結婚・出産していったん離職し、子育てがひと段落して復職したいと考える人も多いです。この場合、正規雇用ではなく、パートやアルバイトでもOKという人も少なくありません。つまり、人件費があまりかからないので、雇う方も気軽に採用できます。

50代の薬剤師になると、病院への転職はかなり厳しくなります。今までよりもいい条件で転職するとなると、ほぼ不可能と思った方が良いかもしれません。もし、今、仕事をしているのであれば、その仕事をつづけながら転職活動をしましょう。離職してしまうと次の就職先が見つからない恐れがあるからです。

求人情報にはおそらく年齢制限に関して書かれていない案件が多いでしょう。しかし暗黙の了解として正規スタッフに転職を希望するのなら、35歳が一つの年齢制限のラインになると思った方が良いです。35歳に近づき病院薬剤師への転職を希望するなら、早めに行動を起こすことです。