薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の20代採用可の求人は?

病院薬剤師の20代採用可の求人は?

病院薬剤師のうち、20代採用可の求人は、最も求人数が多くなっています。むしろ、薬剤師の資格取得制度の変更から言って、今後は新卒でも24歳からの採用となります。そうなると、他の職業と比べて平均年齢も上がるので、20代の終わりから30代始めまでの求人数が増えてくると思われます。一方で、専門性や給料についても変化していきます。専門性が高まることは、むしろ4年制の薬剤師過程を終えた人にとっては、転職などの際にマイナスとなる可能性があります。20代のうちに転職を考える人も多いでしょうが、その場合は6年制の人材に負けないよう、経験やスキルを磨いておくことが必須です。また、給料については、新卒の年齢が高まり、専門性も高まるということで、初任給が上がることが考えられます。もしくは、初任給は一緒でも、平均年収までの年数が縮まるかもしれません。全体として平均年収も上昇するでしょう。

20代採用可の求人に話を戻すと、20代というのはほとんどの求人で有利に働きます。20代のうちなら未経験の職場であっても、育成をして戦力にすることができるからです。一方で、薬剤師業界は女性が多いことからも、退職の割合が高くなっています。そのため、年齢がネックになりにくい職業でもあります。特に薬局やドラッグストアなどでは、常に需要が高くなっています。それらのことを考慮に入れると、20代採用可の求人の中でも、自分の将来を考えて、自分にあった求人を探すのがポイントになります。例えばいろいろな職場で経験を積みたいのならば、病院にこだわらず、ドラッグストアや薬局勤務でもいいでしょう。転職も容易ですので、いろいろな職場を経験していき、将来的に管理薬剤師を目指すこともできます。

一方、同じ職場で長く働きたいのならば、病院や製薬会社がおすすめです。このうち製薬会社は、生涯年収も高く、一般企業に所属することになるために、職場内での昇進についても選択肢が多いです。経験を積んでいき、MRなどの営業職に転身する方、あるいは語学力をつけて海外に出て行くこともできます。製薬会社の本場はアメリカであり、外資系の会社も国内にたくさんあります。

病院薬剤師の場合でも、20代採用可の求人の職場が一番多く、その一方で年齢に関する制限はあまりないものと考えていいでしょう。特に、地方の病院などでは薬剤師不足に悩むところも多く、採用の壁は低くなっています。例えばドラッグストアや薬局勤務の経験しか無くても、そのまま病院勤務に移ることもできます。