薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の30代採用可の求人は?

病院薬剤師の30代採用可の求人は?

病院薬剤師に限った話ではないですが、30代はある程度経験を積んでいき、職場内での地位も変化し始めるころです。薬剤師は6年制への移行もあり、スタートが少しずれてはいますが、24歳で採用されてから5年以上経っており、職場内で大きな戦力となっている人が多いでしょう。一方で考えなければならないのは、30代は転職や退職の多い時期でもあります。女性の割合が多い薬剤師業界では特に顕著です。病院勤務は他の職場と比べると、継続して働く人が多いものの、男性ならばキャリアアップを狙っての転職、あるいは給料をアップさせるために他の病院へ移る人が出てきます。女性ならば、結婚や出産のために退職する人が多くなってきます。そこからもわかるように、30代採用可の求人は、ある程度の経験とスキルを前提にしており、即戦力としての人材を求めていると考えるべきです。

病院薬剤師を希望して30代採用可の求人を探す人には、いろいろなパターンがあります。大きく分けて、以前も病院勤務だった人、病院以外の職場から移ろうと考えている人がいます。いずれにしても病院勤務で求められることはコミュニケーション能力です。病院では医師、看護師と接する場面が、他の職場よりも自然と多くなります。その一方で、患者さんとも付き合っていくことになります。専門家同士での意思疎通はもちろん、素人相手に薬のことをしっかり伝えることも必要で、コミュニケーション能力が最も問われます。30代での採用の場合、前の職場がどこかというよりも、ここが問われると考えた方がいいでしょう。仮に採用されたとしても、コミュニケーション能力に問題があると職場で苦労することになります。

収入について言えば、30代採用可の求人は高めに設定されています。薬剤師の平均年収は500万円前後になっていますが、30代に限定すればここから50万円ほど高くなります。ですから、求人情報を探す際にも、給料については少し高めにして探してもいいでしょう。病院勤務の場合、給料が最も上がるのが30代で、それ以降は役職によって上がるかどうかが決まります。あるいは、より高い給料を目指すならば、病院の規模や経営状態に注目するのがいいでしょう。スキルや経験があっても、勤務先の病院の違いだけで大きく収入に差が出てしまうのが病院勤務です。

もう一つ、30代採用可の求人について言えば、休職や退職なしで、継続して勤務してきた女性の需要は高いです。薬剤師の職場には女性の割合が高いところも多く、そこでまとめ役になれる女性の人材は貴重です。