薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の40代採用可の求人は?

病院薬剤師の40代採用可の求人は?

病院薬剤師の40代採用可の求人について見ていくと、他の職業と比べると求人数は多くなっています。資格が必須の職業であり、離職後に復帰する人や、転職してくる人の割合も多いのがその理由です。一方で、こちらは他の職種と同じかもしれませんが、40代の求人ともなると、求人によって給料の差が大きくなってきます。特に病院ではそれが顕著です。薬剤師の平均年収は約500万円となっていますが、これが40代となると下は年収500万円から上は1000万円やそれ以上まで、勤務先や役職によって大きく変わってきます。

いろいろな就職先がありますが、その中でも求人の大半を占めるのは薬局やドラッグストアです。これらの職場は、はっきり言って年齢制限は無いです。例えば若いころに薬剤師として働いていた、ブランクのある40代の主婦であっても、すぐにパート勤務につけるでしょう。その一方で、資格を持っていることで他の仕事よりは給料は高いです。病院の場合は、あまりに長いブランクがあると、そのまま採用されることは少々難しいかもしれません。

その場合、例えば一旦薬局やドラッグストアにパートで入り、業務の勘を取り戻してから改めて病院勤務を目指すこともできます。復職したい女性の方にはこの方法がおすすめです。あるいは、病院でもパート勤務があるので、まずは短期や短時間の雇用で慣れておき、その後正社員としての採用を目指してもいいでしょう。派遣で病院勤務をする方法もおすすめです。派遣は時給が高く、短期間だけ勤務していろいろな職場を回っていきます。経験を積むには最適でしょう。

ただ、一つ考えておきたいのは、病院勤務で40代ともなると、勤続年数の長い方ではリーダーになっていることが多いです。仮に管理的な立場でなくとも、組織の中でそれなりのスキルと経験を求められます。もしブランクがあって再就職が難しいと感じている方は、転職エージェントなどを利用するのがおすすめです。転職エージェントではいろいろな事情を抱えた方に、それぞれエージェントが相談に乗り、選考のための対策を練るのはもちろん、ブランクのある方に向けた研修制度、セミナーの紹介なども行ってくれます。また、研修制度の整った職場の検索、採用後のフォローもしっかりしています。

薬局勤務から40代になって病院勤務を目指す際には、薬局勤務のうちに情報収集をしておき、知識や経験を新たな職場で活かせるように考えておいたほうがいいでしょう。