薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の50代採用可の求人は?

病院薬剤師の50代採用可の求人は?

病院薬剤師のうち、50代採用可の求人も存在します。よくあるものとしては、家庭の事情などで職場を離れていた人などに向けて、病院勤務経験者の採用をするものです。どの職場でもまだまだ薬剤師の需要は高く、特に地方となればそれは顕著です。例えブランクがあったとしても、貴重な人材として見られるので、それほど困ることはないでしょう。ただし、薬局やドラッグストアと比べれば、あるいはパート勤務などと比べて、病院勤務で正社員を目指すとしたら、少々壁は高くなります。他の病院で勤続していて、ブランクなしにそのまま採用されるならまだしも、ブランクがある場合はそれなりの対策をしておかないと、苦労する可能性もあります。

一方、経験やスキルが高い薬剤師は、どこでも重宝されます。特に管理薬剤師の経験など、管理役、リーダー役としての経験があると、どの職場でも即戦力として見られます。正社員での採用もそれほど難しくはないでしょう。また、経験の多い方は、急な穴埋めとしても重宝されます。例えば大きな病院で管理薬剤師が何らかの事情で欠員した場合などです。このような時は、病院は派遣会社経由で人材を集めます。従って、事前に派遣会社に登録しておくと、職場がたやすくみつかることも多いです。

他にも、50代採用可の求人の中には、スキルアップを目指せるものもあります。50代になってからのスキルアップというのはイメージがつきにくいかもしれませんが、例えば年齢を重ねてきたことで有利になる職場として、老人関連の職場があります。老健などが真っ先に浮かびますが、老健を備えている病院、あるいは高齢者の患者中心の病院などがあります。年齢が高くなってきたところで、このようにして介護などと重なる分野に移る人は多いです。高齢者への処方や薬の知識を得ていけば、その先に老健や福祉施設などで勤務する道もひらけます。スキルをアップさせるというより、スキルの幅を広げるというイメージをした方がいいかもしれません。

50代で病院勤務を希望する方には、例えば子供が大学生や社会人になって、家での自由時間が増えた方などがいるでしょう。そこから復職希望をする人は意外と多いです。病院勤務でも、パートタイムや派遣などを利用すれば職場復帰のための練習になります。まずはどれくらいの求人があるのか確認し、そこで自分に足りないものを見つけ、自習するなり別の職場で勘を取り戻すなりして、病院勤務を目指していけばいいと思います。