薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の手当は?

病院薬剤師の手当は?

いくつかある薬剤師の職場の中で、薬学生に一番人気が高いといわれているのが病院薬剤師です。ハードな資格試験をパスして、がん専門薬剤師や感染制御専門薬剤師としてチーム医療に携わりながら、かっこよく働く姿をイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、実際には、やりがいはあるものの責任は非常に重く、給与はそれに見合ったものではないと感じる人も多いです。給与は、基本給の高さばかりではなく、残業手当や夜勤手当、住宅手当といった各種手当も含めたトータルの額が問題となります。残業や夜勤をすれば心身ともに疲労しますが、稼ぎたいと思っている人には大切な収入源に違いありません。

薬剤師の職場は、病院の他にドラックストアや製剤薬局、製薬企業などがありますが、この内もっとも年収が高いのはドラックストアで、もっとも低いのは病院だといわれています。ドラックストアの年収の内訳を見てみると、製剤薬局や病院などにはない薬剤師手当が月に5〜10万円ほど支給されているので、1年にすれば少なくとも60万円、多ければ120万円もの差が出てくることになります。しかも、就職先としてあまり人気がないことから、人員を確保するために年収は高めに設定されている上に住宅手当などを付けるドラッグストアがたくさんあるのです。その一方、病院では、経営的に考えた時に、どうしても医者や看護師の方が優先されるので、薬剤師に回るお金は後回しになってしまうのが実情です。このようなことから、病院薬剤師は金銭面でメリットは少ない方だといって良いでしょう。

それでも病院薬剤師が人気を集めているのは、やはりやりがいがあるからに他なりません。特に国立病院ともなれば最新の設備が整えられているので、他の職場では考えられないような仕事にも携わることができます。医師の回診時に服薬指導をしたり、医師と共同で投与量や投与間隔、副作用の有無を調べたり、救急医療に参加したりと、非常に多くの経験を積むことができるのです。もちろん、前述したチーム医療の一員として活躍するのも夢ではありません。このような環境で働きながら、専門薬剤師を目指してみるのは薬剤師としての理想の一つともいえそうです。手当でいえば、専門薬剤師の資格を取得すると、月額3,000円程度がつくところもあります。また、診療科もたくさんあるのでその分取り扱っている医薬品の数も膨大となり、嫌でも知識を増やさざるを得ません。