薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師は既卒でも就職可能?

病院薬剤師は既卒でも就職可能?

薬剤師は調剤薬局やドラッグストアなど、多様な職場で求人が出ています。今のところ需要に対して供給の追い付いていない状態が続いているため、薬剤師にとっては売り手市場といえます。ですから、より良い条件の案件を見極めて応募先を決める必要があります。しかし一部例外もあります。例えば病院薬剤師の場合、社会人経験の持っていない既卒などは薬剤師の免許を持っていてもなかなか採用しない傾向が見られます。

現在、医薬分業が進められていて、外来の処方に関しては周辺の調剤薬局で行うという病院が増えています。このため、以前と比較すると一つの医療機関で必要とされる薬剤師の数は少なくなっています。ですから教育の必要のない、即戦力になるような実務経験を持っている薬剤師を採用する傾向が見受けられるのです。もし大学を卒業してまだ就職先が決まっていないようであれば、病院以外の調剤薬局でもドラッグストアでも構いません。仕事をすることが大事です。

将来、病院薬剤師として仕事をする場合、できれば調剤薬局やドラッグストアに正社員として就職して実務経験を積んだ方がいいでしょう。しかし、もし就職できないようであれば、パートでもアルバイトでもいいので職を見つけることです。既卒で全く社会人経験を有していないのと比較すれば、バイトやパートでも仕事経験のあった方がまだ病院に就職できるチャンスはあります。

既卒で社会人経験がなくて、しばらくして病院に就職する場合、相手が問題視するのは「卒業してからの間何をやっていたのか?」ということです。もし既卒になってしまって、バイトやアルバイトの何らかの理由でできなかった場合には、資格取得のための勉強をする方法もあります。薬剤師の関連する資格取得のための勉強をしていたとなれば、何もしていないよりは薬剤師としてのキャリアを積みたいという姿勢を相手にアピールできます。

いずれにせよ、既卒で病院薬剤師に採用されるのは新卒よりはどうしても低くなります。ですから、薬学部の卒業が見えてきたところで、キャリアパスを真剣に考えましょう。もし、どの職場で仕事をすればいいのか分からないというのであれば、調剤薬局やドラッグストアなどは薬剤師の需要が高い状態で推移しているので職場を確保することです。そうすれば将来病院で薬剤師として仕事をしてみたいとなった場合でも、転職先を確保できます。病院薬剤師に転職するのであれば、他の職場で2〜3年程度薬剤師としての実務経験を積んでから探すと採用されやすくなります。