薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の適性(向き・不向き)は?

病院薬剤師の適性(向き・不向き)は?

病院薬剤師として仕事をするためには、コミュニケーションスキルに長けている人が絶対条件となります。病院薬剤師になると医師や看護師などの他の医療スタッフとも頻繁に話をして、患者の治療方針を決めます。医療スタッフによって、意見がぶつかることも十分あります。その場合、双方の意見を取り入れてお互いが納得できるような落としどころを探るような意見調整能力が求められます。また病院薬剤師の場合、入院患者の服薬指導を主に担当するでしょう。患者の中には「自分の病気は治るのか?」「いつになったら退院できるのか?」といった不安を抱えている人も多いです。そのような患者が安心して服薬できるように、ていねいに病状や薬のことを説明できる人、いつでも笑顔の人などが病院薬剤師として好ましいです。

総合病院などに勤務すると、いろいろな症状の患者の薬の管理を担当することもあるでしょう。そこで幅広い種類の医薬品に関する知識を有していることも、病院薬剤師で活躍するための条件です。また病院では、最先端の医薬品などもしばしば使われます。新しい医薬品が導入されたら、その薬の特性について、いち早く理解する、勉強し続けられるような人の方が病院薬剤師向きといえます。

病院薬剤師として求められる素質として、情報の取捨選択ができることも挙げられます。例えば入院患者に対して薬を渡すときには、薬の情報を提供する必要があります。どのような効果があるのか、そして薬を服用した場合どのような副作用が出るかもしれないと言ったことも説明しないといけません。特に後者の説明であるのですが、あまり詳しくすべての情報を与えると、患者を必要以上に不安にさせてしまうこともあります。すると「そんな副作用があればこの薬は飲まない」と言い出す人もいるかもしれません。

副作用などの情報を包み隠さず患者に提供することはもちろん大切なことです。しかし限りなくゼロに近い副作用も患者に説明して、いたずらに不安をあおるのもどうかとなります。不必要と思われる情報は省き、患者に必要な情報を与え、かつ安心感を持たせて服薬させるバランス感覚が病院薬剤師には求められます。

特に入院病棟で勤務する場合ですが、夜勤を月に何度か担当する可能性があります。夜勤は半日以上の勤務時間となることもありますから、体力に自信がないと病院薬剤師は務まりません。自分でしっかり体調管理のできるような薬剤師は、病院薬剤師向きといえます。