薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師のブランク明けの復職は?

病院薬剤師のブランク明けの復職は?

医療制度は、だいたい2年に1回のペースで大きく改定されます。2年のブランクがあると、それまで自分が知っていた制度と違っていたり、聞きなれない新薬が発売されていたりすることがあるでしょう。そのため、出産や子育てのために病院薬剤師から離れ、子育てがひと段落したので再び病院薬剤師として復職したいが、ブランクがあるから不安だと思うママさん薬剤師は多いのです。また、制度が変わってしまっているということ以外にも、薬剤の専門知識を忘れてしまっているという不安を抱えている方もいます。

もちろん、ブランク明けでもしっかりと復職しているママさん薬剤師はたくさんいます。では、どういったことに気を付ければいいのでしょうか。

まずは、研修制度が整っている病院を探すということです。薬剤師の専門知識は、独学では限界があります。日々の業務もあり、常に新しい情報も入ってきますので、なかなか思い通りに勉強できることは困難と言えるでしょう。ですので、そういった復職した薬剤師さん向けの研修制度を設けている病院かどうかを調べてみるのがいいかもしれません。

職場内に同じママさん薬剤師がいるかどうかもポイントです。子育てがひと段落したとは言え、子どもが急に熱を出したり、大けがをしたりということはあり得ることです。子どもが理由で急に仕事を休むことになっても、職場内に同じ境遇のママさん薬剤師がいれば、子育て経験があるので状況を理解してサポートをしてくれるという環境が整っています。あらゆる場面で子どもに左右される状況は生まれますので、お互いにサポートしあって働けば、職場内の人間関係も良好になり、仕事へのストレスも軽減されることでしょう。

また、勤務形態を確認しておくのも重要です。勤務時間や残業時間が長いと、子どものための時間が取れなくなってしまいます。仕事のために子どもをおろそかにしてしまっては、本末転倒と言わざるを得ませんし、悩みやストレスにもつながってくるでしょう。給与や福利厚生が正社員よりも不利になってしまうかもしれませんが、時間の融通が利くパートとして復職することも、一つの手段と言えるでしょう。病院によっては、忙しい時間帯がある程度決まっており、忙しい時間帯により多くの薬剤師を必要としています。正社員としての復職を希望する場合でも、求人をよく確認して、勤務時間や残業の有無、ブランク明けの薬剤師を希望しているのかどうかなどを確認するのがいいでしょう。