薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師のキャリアアップは?

病院薬剤師のキャリアアップは?

薬剤師といっても、ドラッグストアや製薬会社、そして病院などさまざまな職場があることから、求められるものも職場に応じて少しずつ異なってくるのが現状です。また、働き続けるにあたってキャリアアップしていくことは非常に大切なことですが、職場ごとにアップすべきキャリアは違ってくるものです。

まず、病院薬剤師にもっとも求められているのは、コミュニケーション能力だといえるでしょう。病院には、医師や看護師といったさまざまなスタッフが部署を超えて連携を取ることで患者さんの看護をしています。その中で薬剤師として働くには、十分なコミュニケーション能力がなければとても務まりません。また、患者さんに対しては薬の専門職として丁寧で誠実な対応ときめ細やかな気配りが求められます。専門的な知識やノウハウのみならず、状況に即して臨機応変に対応できる柔軟さも求められているわけです。今後ますます医療現場で活躍していくことが望まれているのが薬剤師ですが、高いスキルと倫理観を持ちながら、スタッフや患者さんたちとのコミュニケーション能力に磨きをかけていくことがキャリアアップの基本となるでしょう。

また、医薬品に対する知識を深めていくことは言うまでもありません。病院で働く薬剤師は、調剤業務の他、製剤業務や救命救急業務、医薬品業務といった分野があるので、医薬品を突き詰めて勉強していくことはキャリアアップに直結するはずです。さらに、薬剤師には、がん専門薬剤師や感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師といった特定の専門分野に特化した専門職があります。より専門的な業務を行えるので、資格を取得することも間違いなくキャリアアップにつながっていきます。取得後は、病棟内でチーム医療の一員として働く際、ますます頼られる存在になっていくことでしょう。

とはいえ、その道のりは決して簡単なものではありません。これらの資格を取得するにはまずは認定薬剤師の試験にパスしなければいけません。それには、5年以上の実務経験を積んでいることが条件となり、それぞれの治療の実習や購入を受講するとともに、一定数以上の患者さんに薬剤管理指導を行う必要があります。そして、学会の学術論文を作成した後に、やっと専門薬剤師試験を受けることができます。ただし、病院の場合は必ずしも収入アップにつながらないことがあるので、その点はデメリットといえるでしょう。