薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師と薬局薬剤師の違いは?

病院薬剤師と薬局薬剤師の違いは?

病院に勤務する場合、薬局に勤務する場合の薬剤師の違いはどこにあるのでしょうか。病院薬剤師は、病院に来院・入院される患者様に対して薬を提供します。薬局は、地域の薬局やドラッグストアの場合、不特定な一般の方がお客様となり、それらのお客様に対して、薬を選び、服薬指導、販売します。薬局でも調剤薬局では、提携する医療機関の医師の処方箋をもって来店したお客様に対して、薬を調剤、服薬指導、販売する仕事です。病院と薬局では、医薬品を提供する患者様の種類が異なるという事が違いのひとつです。

病院薬剤師は、患者様への医薬品の調剤だけでなく、注射液の製剤や消毒薬等の製剤をおこないます。病院の診療・治療に関わる全ての医薬品に関して関わる事になります。また医師の処方箋によって調剤作業や服薬指導を行う訳ですが、薬剤師は医師や看護師同様その患者様の治療のチームの一員でもあります。カルテを閲覧し、必用な場合は薬剤師の専門的な見解を医師や看護師に提言します。そして看護師と連携をとりながら、患者様に服薬指導をおこないます。服薬する過程での患者様の状況や予想外の変調に対応します。

一方、薬局薬剤師の場合は、薬の調剤を行う調剤薬局が併設されている場合、調剤薬局のみの場合、大衆薬を販売するドラッグストアのような業態があります。調剤を行わない薬局やドラッグストアの場合、来店されたお客様の症状を充分聞き、薬を販売します。この時、服用方法や服薬期間中の生活指導等もおこないます。薬局薬剤師は店頭に立ってお客様に対峙する事から、接客業の要素の大きい仕事です。

勤務時間については、病院では就業規定に則っています。しかし時間外労働があるケースがあるようですし、病院によっては当直があるところもあります。薬局は、店舗の営業時間に開店準備と店じまいの作業時間分の中で勤務します。営業時間の長い薬局では、早番・遅番などのシフト交代制をとっています。また調剤薬局で昼休みを長く取る所は、午前か午後のパートタイムという働き方もあります。

給与相場としては病院薬剤師の方が薬局薬剤師よりも低い傾向がありますが、勤務先や経験によって異なりますので一概には言えません。ちなみに病院薬剤師の年収相場は450〜700万円だそうです。薬局薬剤師はそれよりやや高いといわれています。しかし勤続年数や管理薬剤師であるのか等によって、病院であっても薬局であっても給与に差が出ます。