薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師に多いキャリアプランは?

病院薬剤師に多いキャリアプランは?

病院薬剤師の場合、400万円台までの年収までは昇級できるといいます。しかしそこから先は頭打ちになってしまう傾向があります。病院薬剤師として400万円台を超える収入を得るためには、キャリアアップを検討する必要があります。薬局部長などの管理職に就くのも一つの方法ではあります。しかし、薬局部長などの上位ポストは病院でもそれほど数多く用意されていません。そうなると、ごくわずかの人しか昇進できないでしょう。管理職待遇で転職するといっても、他の病院でも管理ポストを見つけるのはなかなか大変です。そこで病院からいずれ転職して、異なる分野を目指してみるのも病院薬剤師のキャリアプランとして検討してみる価値は十分あります。

キャリアプランをどう考えるかですが、病院でどのような業務を行っていたかによって変わってきます。たとえば調剤業務を担当していた場合、基本的な仕事の流れは変わらないので調剤薬局やドラッグストアに転職してみるのも一つの方法です。調剤薬局やドラッグストアの場合、500万円とか600万円といった年収で仕事をしている人もたくさんいます。病院薬剤師からステップアップするには適した職場でしょう。

病院内にDIセンターと呼ばれるところがあって、こちらで勤務している病院薬剤師はいませんか?DIとは、Drug Informationの略称で医薬品情報などと訳されます。医薬品の情報を収集して、管理するのが主な仕事になります。分析などを通じて、医薬品に関する専門的かつ客観的な評価を下していきます。DIで勤務していた病院薬剤師は、製薬会社に転職するのも一つの方法です。製薬会社にはMR職と呼ばれる職種があります。MRは医薬品の情報を医療関係者に提供する業務です。受け取る側から提供する側に変わりますが、医薬品の情報を取り扱うというところでは一致しています。製薬会社は高収入の案件も多く、年収700万円とか800万円、さらには1000万円を超える年収がもらえるような募集も見られます。

病院の中であくまでもキャリアアップを目指すのであれば、認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得すると良いでしょう。研修や試験を受けて一定の条件をクリアすると認定証が発行されます。認定薬剤師や専門薬剤師のような上級資格を取得していれば、昇進の道も開けてくるかもしれません。またそこまで行かなくても、資格手当が支給される可能性があります。1か月あたり数万円の収入アップ効果も期待できます。