薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師のdi業務とは?

病院薬剤師のdi業務とは?

大きな病院や大学病院などには、必ずと言っていいほど「DI室」が設けられています。このDIとは、「Drag Information」の略で、医薬情報管理という意味です。病院薬剤師のDI業務とは、医薬品情報の管理や収集を行い、そこで得た情報を提供する業務です。

大きな病院や大学病院では、さまざまな医薬品を取り扱っているため、医師や薬剤師が医薬品に関わる知識を網羅しているというわけではありません。そのためDI業務に携わる薬剤師は、医薬品に関わる情報の管理を日々行います。そして、新薬などの情報も集めながら、必要としている医師や薬剤師にその情報を提供していきます。

その病院薬剤師のDI担当者は、「管理・収集・提供・問い合わせ対応」が主要な業務になります。現代はインターネットが普及し、医薬品関連などの専門的な情報も、調べようと思えば簡単に手に入れることができます。ですが、医薬品情報は、情報量が膨大でありながら、日々新しく更新されているものです。そのような状況を、薬剤師ひとりひとりが日常の忙しい業務の中で管理したり、収集して提供したりしていくことは困難と言えます。また、その情報を的確に整理して更新し、それを必要とする医師や看護師らの質問や要望に、的確に答えていかなければなりません。最終的には、その管理した情報を患者さんらに提供していくことが必要です。

つまり病院薬剤師のDI業務とは、医療のプロフェッショナルである医師や看護師のサポートをして、患者さんひとりひとりを助けるという仕事と言えます。

では、DI業務に携わる病院薬剤師は、普段の仕事に加えてDI業務も行うことになるのでしょうか?病院にもよりますが、DI業務は収集する情報量が莫大で、時間のかかる業務です。そのため、薬剤師が不足していなければ、基本的には調剤などほかの仕事をほとんどせず、DI業務に専念することになります。DI業務は、薬剤師には珍しいデスクワーク業務で、残業も少なく土日が休みの場合がほとんどです。そのために、それをメリットに感じている薬剤師も少なくありません。

さらに、DI業務があるからこそ、医薬品の最新の情報や安全性の情報を手に入れることが出来ると言えます。調剤に従事している病院薬剤師は、調剤の仕事が多忙なために、新薬や新しい副作用などの情報を収集する機会がありません。補助的な役割と言えますが、DI担当者は、自分が収集し提供した情報を病院薬剤師が吸収することで、患者さんの命を救える、達成感と誇りのある業務とも言えるでしょう。