薬剤師求人病院トップページ > 群馬の病院薬剤師求人

群馬の病院薬剤師求人

働くにあたって、どのくらい年収を得られるかはもっとも重要なことといっても良いでしょう。職業に関係なく一般的に給料が良いのは東京など首都圏といわれていますが、薬剤師の場合にこれは必ずしも当てはまりません。実は、薬剤師が高い年収を得るには地方で働くことだともいわれるほど、地方勤務の高い年収は薬剤師の特徴なのです。その中でも、群馬県で働く薬剤師は、都道府県別薬剤師年収ランキングでトップ3に入るくらい高い年収が期待できる注目すべき地域です。地方といっても、かなり人口の少ない地域までいってしまうと、地域で唯一となる病院に患者が集中することから、高収入でもかなりの激務になってしまう場合もあります。そうなると、ストレスがたまって休みの日に散財してしまうなどといったことも考えられますが、群馬県ならそんな心配はありません。

群馬県の薬剤師の年収が高くなるのは、人口に対する薬剤師の数が非常に少ないからです。平成26年に厚生労働省が行った医師・歯科医師・薬剤師アンケート調査によれば、群馬県内で働く薬剤師の総数は181.3人という結果が出ており、全国順位でいうと41番目という深刻な状況を示していることがわかります。群馬県は、関東エリアではもっとも少ない県だといえるのです。

これは、都内で働いていてより高い年収を目指して転職するなら、群馬県は最良の場所といってよいのではないでしょうか。近隣の埼玉県や千葉県内を当たってみるよりも競争率はかなり低くなるというメリットがあります。そして、職場別に見てみると、群馬県内で働く薬剤師の数がもっとも少ないのは薬局となり、全国順位は42位とさらに深刻さが増しているような状況です。一方、病院やクリニックの場合は、全国順位は27位とそこまでは不足していないのが現状です。しかし、県内にある病院やクリニックの数が決して少なくないことから、中途採用の募集に応募できるチャンスもそれなりにたくさんあることが想像できます。総合的にいって、群馬県で働く薬剤師は歓迎されている存在といえるのです。

そして肝心の求人数ですが、2016年4月の大手転職エージェント10社の求人数を合計すると、5,757件という数字が出ています。これは、全国順位からすると19番目となる求人数なので、やはり群馬県内での転職活動はやりやすいといって良いでしょう。東京からそれほど離れてもいず、高収入を目指せるのが群馬県の薬剤師なのです。