薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の高収入の求人は?

病院薬剤師の高収入の求人は?

病院薬剤師については、薬剤師の就職先でも人気のあるところのひとつです。病院にもよりますが、ここ数年売り手市場が続く薬剤師の就職の中にあって、競争も激しいところもあります。薬剤師の就職先には製薬会社もありますが、こちらも同じく狭き門となっています。ただ、病院勤務と製薬会社勤務では大きな違いがあります。病院勤務はその安定性が一番のメリットです。長く働くには最適な職場です。一方で、製薬会社は専門性が高いです。製薬会社のイメージにあっているのは、研究職、あるいはMRなどでしょう。薬を患者に渡すというよりも、医療関係者と共に薬の知識やスキルを高めていくのが、製薬会社での薬剤師の役割となっています。

一方、薬剤師の就職先として求人数が多いのは、薬局やドラッグストアです。病院や製薬会社と比べて就職もしやすくなっている一方、収入も高いところが多いです。特にドラッグストアは、医薬品の規制緩和によってその業績を伸ばしているために、薬剤師業界の売り手市場を形成している要因ともなっています。人気では病院や製薬会社、求人数の多さや給料の高さでは薬局やドラッグストアとなっています。

病院薬剤師の平均年収について見ていくと、病院によって幅があるのが現状です。ただ、おおむね450万円から600万円という範囲に落ち着くようです。これは薬剤師全体の平均年収とほぼ一致すると考えていいでしょう。ただ、初任給を見ていくと、病院勤務では20万円ほどである一方、薬局・ドラッグストア、そして製薬会社では23万円ほどとなっています。さらにここから生涯賃金について見ていけば、製薬会社がトップに躍り出ます。そして、ドラッグストア、薬局、病院という順番です。これだけみると病院は最も収入が低いように思うでしょうが、そこには勤続年数を考慮する必要があります。同じ職場、あるいは同種の職場で長く働けるのは病院がダントツです。一方で、ドラックストアや薬局は人材の入れ替わりが激しくなっています。単に収入が低いからといって、多くの人が高い確率で安定して収入を得られるとなれば、病院が一番と言っていいでしょう。

では、病院勤務で高収入の求人を探すにはどうすればいいでしょうか。それは、病院の規模や経営状態を把握することです。単純に病院勤務と言っても、職場の規模や経営によって収入は大きく変化します。平均年収の幅も、これが大きな要因となっているようです。ですから、求人を検索する際に高収入を求めるならば、その二つに注目していくのがおすすめです。