薬剤師求人病院トップページ > 北海道の病院薬剤師求人

北海道の病院薬剤師求人

北海道の病院薬剤師求人については、二つの視点があります。一つは札幌のような大都市や各地方にある中規模の都市での勤務、そして田舎での勤務です。まず札幌について見ていくと、薬剤師の数については、例えば薬局の数は全体として少なめである一方、薬剤師の数はたくさん抱えています。一方、中規模の都市である函館や小樽、旭川などは、札幌とは全く事情が異なります。都市とは言え北海道は全体として高齢化が進んでおり、若い人の数も少なくなっています。そのために、薬剤師の人材も不足気味になっており、その分だけ待遇がかなり良いです。病院勤務でもその影響は大きくなっています。ですから、北海道で求人を探す場合、札幌かそれ以外かという選択をすることになります。ただし、札幌は都市機能が中心部に集中しており、少し離れると高齢化の進んだ地域もあります。札幌近郊ならば待遇がそこそこ良く生活も不便ないという良い求人が見つかる可能性があります。

話を戻して、札幌は基本的に薬剤師の数は足りています。しかし、都心部ほどではありません。ですから、大都市である一方で、地方の側面ももっています。医科大学もあり、医療施設も揃っているので、病院勤務をする上でスキルアップなどは充分にできるでしょう。病院勤務の求人の選び方は、やはり病院の規模や経営状態に応じて、自分の希望とマッチしたところを見つけることになります。札幌は地元のUターン組のほか、道内の地方から人が集中してくる都市でもあるので、明確な志望理由をもって、将来的なスキルアップも考慮に入れた就職先を選びたいところです。

北海道の中でも、地方都市や田舎と呼ばれるところでは、全体として医療スタッフが不足しています。例えば看護師でも、道内の若い女性の多くが看護師になっているにも関わらず、現在でもまだまだ人材不足の状態です。もともと薬剤師は全国的な供給不足があり、そのために求人枠の増加や薬学部の新設が行われましたが、地方はさらにひどい状態です。特に田舎や僻地では、驚くような待遇を得られることも珍しくありません。しかし一方で、責任感も含めて業務の負担は非常に大きなっています。

仮に本州から北海道へ移る方、地元が北海道で無い方は、求人を探す際には求人サイトを利用し、コンサルタントへの相談が必須です。北海道の生活や文化について知っておき、その上で自分にあった求人を探したほうが失敗がありません。