薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の人間関係は悪い?

病院薬剤師の人間関係は悪い?

病院薬剤師の職場における人間関係ですが、医療機関によってまちまちです。病院薬剤師の中には職場人間関係で悩んで、中には離職してしまう人も見られます。人間関係の問題ですが、同じ薬剤師というよりも他の医療スタッフとの関係で悩んでいるケースが多いです。例えば、医者との人間関係を構築するのに悩んでいる人もいるようです。

薬剤師の業界では医薬分業がどんどん進められています。医者は患者の診断から処方箋の作成、薬剤師は処方箋の内容を確認して問題がないか、問題のない場合には調剤するという感じで作業の分担が行われています。ダブルチェックの体制を整えることで、医療過誤のリスクを軽減し、今まで以上に病院薬剤師の重要性は高まっています。しかしその一方で、病院は医療チームを結成して患者の治療に当たるというジレンマもあります。

医療チームには看護師や作業療法士や放射線技師などのいろいろなスタッフがかかわっています。このチームのリーダーは医者になります。治療方針などの最終的な決定権は医者にあります。もし医者と薬剤師の間で意見がまとまらない場合には、医者の意見に従わないといけません。そして病院の医者の中には、ワンマンの人も見られるようです。そうするとなかなかリーダーの医師に意見することができなくなり、言われたとおりに調剤するのが薬剤師の仕事になりかねません。すると「自分は何のためにいるのか?」と存在意義に悩む病院薬剤師も見られます。

病院薬剤師の中には、看護師との人間関係に悩む人も見られます。患者の治療にあたって、薬剤師と看護師が連携することも少なくありません。医者と薬剤師の場合、医者がリーダーですから、ある意味上下関係になります。しかし、看護師と薬剤師の場合、どちらが上かを決めるのはなかなか難しいものがあります。薬に関する専門的な知識を持った薬剤師と、患者と普段からコミュニケーションをとっていて、患者の体調や体質などを理解している看護師がそれぞれの専門分野を生かして相手を立てるべきところを立てればいいのですが、時にぶつかってしまうこともあります。そうなると人間関係が悪くなるだけでなく、患者に対して適切な治療ができなくなる恐れも出てきます。

看護師との関係性で悩んでいるのであれば、相手の専門領域に関しては尊重する姿勢を見せることが大事です。人間関係の悪さは相手だけでなく、自分にも問題があるかもしれません。自分の改善できる点は改善して、少しでも人間関係を向上させる努力もしてみることです。