薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師のインターンシップは多い?

病院薬剤師のインターンシップは多い?

病院薬剤師を志しているけれども自分に勤まるのかどうか不安という人もいるでしょう。その場合には、インターンシップに参加してみるのがオススメです。病院薬剤師のインターンシップを見てみると、数は決して多くありませんが大学病院などを中心として時折募集が出ています。インターンシップは病院薬剤師の実際の仕事の現場を体験できるものです。普段、病院薬剤師がどのように活動しているかを見ることで、実際に就職した時の1日の流れなどを具体的にシミュレーションできます。

どのように病院で薬剤師が仕事をするか学べるだけでなく、就職できる可能性を高める意味でもメリットがあります。病院薬剤師を見てみると、学生時代にインターンシップを経験している人の方が内定率は高くなる傾向も見られます。長らく続く不景気の状態で、簡単に就職できないケースも目立ちます。能力だけでなく、他の応募者にはないプラスアルファの何かアピールポイントがないとなかなか就職先が決まりません。インターンシップの体験をしておけば、ある程度の仕事の流れを理解できますから、まったくの新卒よりも一歩リードしている感があります。またインターンした所に就職活動をしておけば、面接官が顔見知りということもあるでしょう。

希望する病院がすでにあって、もしそこがインターンシップをしていれば、応募すると良いでしょう。そうすれば、就職する前に職場の雰囲気とか、同僚や他の医療スタッフとのコミュニケーションがスムーズかどうかなどもチェックできます。つまり就職してから「こんなはずでは…」となって、早期離職する事態を回避することもできるわけです。

インターンシップですが、まだ薬剤師の国家免許を取得していない人でも応募可能です。取得見込みであれば応募できます。もちろん一緒に働く薬剤師の方たちは免許を持っているわけですから、これから自分が受験することになる国家試験の話を聞いたり、どこを重点的に勉強した方が良いかアドバイスを受けたりもできます。インターネットなどで募集の情報を収集し、自宅から通える病院で募集が出ていないかどうかチェックしましょう。応募の締め切りもあるでしょうから、めぼしい病院が見つかり次第、早めに手続きを進めましょう。

病院薬剤師のインターンシップを募集している医療機関の中には、1日だけというものも時折出ています。なかなか学校の勉強などで、長期間インターンシップに参加できないという人もいるでしょう。そのような人でも1日だけなら参加できるはずです。