薬剤師求人病院トップページ > 石川の病院薬剤師求人

石川の病院薬剤師求人

石川県内で病院薬剤師の転職先を見つけるのは、残念ながらそう簡単なことではありません。一般的に、薬剤師は他の職業に比べてどの地域に行っても働き口を見つけるのが簡単といわれているのですが、石川県の場合は少々様子が異なります。まず、薬剤師の人数が非常に多く、平成26年に実施された厚生労働省 医師・歯科医師・薬剤師調査によれば、人口10万人に対する薬剤師の総数は226.5人に上っています。これは、全国で10番目に多い人数なのです。同じ中部地方である富山県は「富山の薬売り」として全国的に広く知られる地域で、現在もその流れをくんで薬剤師が非常に多く活躍しているのですが、同様に過剰気味といえるのが石川県なのです。この地域で薬剤師として転職するなら、競争に負けないバイタリティーが必要となるでしょう。

石川県の薬剤師は豊富というわけですが、その勤務先としては病院や診療所の比率が高いことが特長で、全国的にみれば、5番目に多いともいわれています。しかも、石川県の場合は病院や診療所の数自体が少な目なので、薬剤師のもっとも過剰な勤務先といっても良いでしょう。

つまり、石川県で病院薬剤師を目指すのは、かなりの難関といっても良いくらいなのです。因みに、他の勤務先を見てみると、医薬品関連企業で働く薬剤師の全国順位が15位、調剤薬局は23位とそれほど高い順位ではないことがわかります。調剤薬局などは、地域ごとの勤務先の比率からすると、50%以上になるのが普通で、石川県も比率は51.3%と全国並みといって良いでしょう。しかし、病院や診療所に至っては23.6%にも上り、比率でいえばかなり高いことが特長なのです。

石川県全体の薬剤師の求人数をみると、主な転職支援エージェント10社の合計求人数が平成26年では3,837件となっています。これは残念ながら決して多いとはいえない件数で、全国的にみれば28番目です。やはり、石川県の転職活動は苦戦を強いられることが予想されます。石川県で転職活動するなら、石川県病院薬剤師会のホームページを覗いてみるのも必要でしょう。施設案内の各ページには地区別に病院・診療所が掲載されており、最新の求人情報ページと合わせて求人があればその旨情報が載せられるシステムになっています。また、ハローワークや転職支援エージェントなど、利用できるものはすべて使うことが石川県では必要になってくるといえるでしょう。