薬剤師求人病院トップページ > 神奈川の病院薬剤師求人

神奈川の病院薬剤師求人

神奈川の病院薬剤師求人について見ていくと、基本的には首都圏ということで、傾向は東京と似たところがあります。求人数は多いものの薬剤師の数も多く、その一方で人口比の病院の割合は日本でも最低レベルであり、競争が激しい県となっています。ただ、東京と同じように、大学病院、国立病院、民間の病院もいろいろな規模のところがあり、選択肢は非常に広くなっています。情報収集をすることに加えて、自分のスキルや経験を磨けば、スキルアップはどんどんできますし、希望の求人を見つけることができます。

求人情報を探す際の基本は、求人サイトに登録すること、あるいはコンサルタントへの相談です。新卒の場合でも転職の場合もどちらでも使えます。その上で、自分の希望、将来についてのビジョンを明確にし、できるだけ細かいところまで要望を出しましょう。それくらいしないと、求人の数が多いので絞り込むことが難しいです。一方で、首都圏は大学や研究機関も多く、6年制の薬剤師の影響を大きく受けています。全体として、今後の薬剤師の専門性が高くなることも考えられるので、その対策もきちんと考えておきましょう。

神奈川で求人を探す際に一つポイントとなるのは、横浜などの大都市は別として、他の区や地域を見ると、緑の多いベッドタウン、あるいは農業地帯なども多く存在します。首都圏とは思えない、地方の郊外のような場所もあります。ですから、通勤や住居のことを考慮にいれつつ、幅広い地域を候補に入れて求人を探した方がいいでしょう。例えば郊外ならば、地方のように薬剤師不足が深刻な地域もありますし、近年になって急速に都市化した地域もあり、その地域で中心となる新設の大規模病院なども存在します。さらに、鎌倉や湘南まで行くと、もはや横浜や川崎とは全く別の地域性を有しています。住民の年齢層も高くなっており、その分老人向けの病院なども集中しています。

例えば、あざみ野という地区にある病院などは、管理薬剤師に好条件の求人を出しています。郊外の地域でありつつ、東京までも電車で1時間以内という場所です。正社員で給料は年収400万円から600万円となっており、平均以上の収入も得られる可能性があります。また、転勤なしで長く働くことができますし、車通勤が可能です。首都圏でも郊外となると、車がないと不便なところは多いです。しかし、その分駐車場の料金は低く、物件の家賃もかなりお得です。総合的に考えればこのような条件のいい求人がたくさんあります。