薬剤師求人病院トップページ > 京都の病院薬剤師求人

京都の病院薬剤師求人

京都の病院薬剤師求人について見ていくと、まず京都には、薬科大学および薬学部が3つ存在します。そのうち京都大学や京都薬科大学の卒業生については、その多くが大学院への進学か製薬会社への就職となります。病院や薬局勤務には、Uターン就職する地元出身の人が多いようです。もう一つ、京都は郊外へ行くと交通が不便で高齢者の多い地域などもあります。日本海側の京丹後市などはいい例です。そのほか、田園風景が広がる地域なども多く、都市部と比べると求人内容も大きくい異なってきます。

病院勤務の薬剤師の給料については、一般的に言えることとして、都心部では年収相場が低めになっており、薬局などの方が高収入を得られます。しかし、中心部を離れて、薬剤師不足の地域に行くと、病院勤務でもかなりの好待遇を受けられるところが出てきます。京都は都心部は大都市ではあるものの、関西圏の中では大阪や兵庫に比べると地方都市の色合いが強いです。ですから、東京などの大都市の求人とは少々違うと考えておいた方がいいでしょう。

実際の求人例を見ていくと、中京区の案件があります。給与は正社員で375万円からとなっており、全国の薬剤師の平均値よりは低めになっています。パートとなると、時給は1440円から1840円までです。シフト勤務であり、休日は4週で6休という形です。病院の営業形態について見ていくと、幅広い科目が存在しており、いろいろな知識や経験をつめるということで、スキルアップのために最適です。また、常勤の場合、月に数回の当直があり、救急時の対応を基本とする業務です。一方、パートだと日勤のみも可能、提携している保育園もあるなど、主婦の方が働くにも適した環境です。病院は内科をはじめとして、循環器科、消化器科、神経内科、外科、さらには婦人科や小児科、眼科まで幅広い診療を行っています。科目数の多さは目立ちます。

他に、高収入が得られる求人として、八幡市の新病院立ち上げの人員募集があります。オープニングスタッフの募集ということで、新たな職場で皆と1からのスタートになります。復職を目指している方などにはおすすめできます。正社員とパートの両方で募集があり、病院は一般病院勤務になります。新規立ち上げということで、例えば勤務時間については未定となっています。状況に応じて対応できることが求められます。休日も同じようになっています。このような不確定の要素が多いこともあって、年収は600万円以上可となっています。薬剤師全体の平均年収を上回っているので、魅力的です。