薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の給料は?

病院薬剤師の給料は?

病院薬剤師で働こうとする時に重要なのが給料面ですね。あなたの経験スキルを正当評価してくれて、かつ昇級等キャリアアップに応じて順当な給与支給を望みたいものです。病院で働く薬剤師の給与相場は、年収にして450〜700万円程といわれています。かなりな開きがありますが、これは経験や病院の給与規定などの方針の差による所が大きいようです。

管理薬剤師の経験者ですと経験の無い方と比較すると、100万円も年収に差があるとも言われています。薬局の管理薬剤師業務に従事していた方は、病院薬剤師の年収アップの評価対象になるということですね。管理薬剤師になるには特別な資格は薬剤師資格以外に必用ありませんが、3〜5年のキャリアを経て昇格されるケースが多いようです。病院薬剤師の収入の話しになると、相場としてはどうしても薬局薬剤師やドラッグストアー薬剤師の給与相場よりも低い水準になってしまいます。

しかし給与のみが全てではないということがあります。病院薬剤師の業務内容を希望して、安定して、病院の薬事医療に貢献したいという志を持った薬剤師さんにとっては、当然ドラッググストアーよりも病院薬剤師を目指すべきです。給与が高い職場でも、過酷な労働や人間関係では長続きしません。また少数ではありますが病院薬剤師であっても昇格し、薬事部長などの役職に就きそれなりの高給となるケースが考えられます。あなたにとって病院薬剤師で働く目的は?提示された給与、あなたのスキル、業務内容が納得行くものであるのか否かを適切に判断しなければなりません。

病院看護師の雇用形態ですが、正社員雇用のほとんどが新卒採用になります。転職薬剤師の求人の多くは、パートタイムや契約社員と言った非正規雇用になるようです。病院薬剤師の正社員を中途採用するという求人が無い訳ではありません。即戦力となるキャリア求人は、転職サイトの非公開求人になるケースがありますので、こうしたサイトを活用しましょう。

病院薬剤師の時給相場は、2,000円前後だそうです。薬局アルバイトでは時給2,500円以上という求人もあります。時給の善し悪しだけで判断する方は、やはりドラッグストアーなどを選択されるでしょう。これも求人サイトの情報をくまなく探すと、病院薬剤師であってもそれなりの時給の求人を見つける事が出来るでしょう。一般的な相場はあくまで相場として、最終的には個々の求人を見て検討するのですから。