薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の男性の求人は?

病院薬剤師の男性の求人は?

病院薬剤師の求人は、性別関係なく今とても活発で求人数は増えています。 薬剤師の男女比は4:6で女性が多いですが、今後は病院薬剤師に男性の姿を多く見かけるようになるでしょう。

その理由の一つに、ホスピスや緩和ケア病棟を持つ病院が増えていることにあります。 ホスピスで働く薬剤師は、高い専門知識と他のスタッフや地域にある医療・介護関連機関と連携しながらターミナル期にある患者さんの薬物療法の管理・精神的ケアをしていかなければなりません。患者さんの状態に応じて残業もあります。 妊娠や子育てで何かと時間や体力的に制約が多い女性薬剤師よりも男性薬剤師の方が優遇される傾向にあります。 また、残業をするとお給料に反映されますので、ホスピスや緩和ケア病棟を持つ病院へ応募される男性薬剤師は多いです。

二つ目の理由に、男性薬剤師の特徴として、女性より長い期間勤めるということがあります。 薬局長や管理薬剤師を目指すのは男性薬剤師に多いのが現実です。 ポストはそれぞれ一つですので空くまで待たなくてはなりませんが、それ相応の能力と人望も必要です。 そのためには一つの職場で長く勤務し、認められるような実績を積まなければなりません。 できるだけ高いポストを狙うために男性薬剤師は病院へ応募し、 病院側は縦社会組織の管理職起用のために男性を定期的に意識して採用しているといっても過言ではありません。

でも、決して男性と女性を差別しているのではありませんから、女性薬剤師の方、お気を悪くなさらないでください。 女性薬剤師の方が数は多いですが、いざ〈採用〉の段階になると、男性と女性を区別して転職活動のための対策をたてた方が賢明ではないかと思うのです。 女性薬剤師の管理職の方もこれからどんどん進出してくると思いますが、長い日本の文化や習慣はそう簡単に変えられるものではありません。

薬剤師の場合、もうしばらくは男性管理職が多い業界として続くでしょう。 また、当直や残業のある病院薬剤師の場合、多くの男性薬剤師の活躍が期待できる職場として定着していくと思います。 性別関係なく病院薬剤師の求人は増えると思いますが、男性の方がよりその能力を発揮しやすく活躍の場面が多いです。 病院薬剤師として経験を積んできたけれどもっと大きな病院で上を目指したい方、 数か所の病院で経験してきたことの総まとめとして、そろそろこの辺で深くじっくり仕事をしたい方、今度こそ本当に希望する病院を選ぶために転職サイトをご利用ください。