薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師に新卒でなるメリットは?

病院薬剤師に新卒でなるメリットは?

激務な上に給料が安い。そんなイメージの病院薬剤師ですが、新卒で就職するメリットはあるのでしょうか?

もちろん、新卒で病院薬剤師になるメリットもいくつかあります。そのうちの一つは、若いうちから専門的な技術や知識を身に着けられるということでしょう。

病院薬剤師は、医師や看護師などほかの医療従事者と関わり合いながら仕事をします。もちろん、実際に薬を処方するときには患者さんとも接します。近年ではチーム医療が台頭し、院外処方が進んできているので、調剤の負担が軽減して、病院薬剤師が病棟へ出る機会も増えてきました。がん治療や院内感染対策など、今日課題となっているテーマに関して、他の医療職とチームを組んで業務を行うことが多くなりました。若いうちにそういった人たちの仕事ぶりを傍らで見て学び、知識を深めていくことは薬剤師としての成長に大いに役立ちます。そして、直に患者さんと接することで患者さんの視点も分かってくる。これは研究開発職に進んだ薬剤師には学べないことと言えるでしょう。

また、医薬品についての深い知識を得ることもできます。薬物治療や薬の副作用について、医師から質問を受けることがあります。意外なことですが、医師は専門外の薬剤については基本的な部分を知っているという程度のことが多いのです。そのため、しっかりと論理やデータにもとづいた思考で医師と議論できれば、医師からの信用度も高まり、いずれは最適な薬物治療を医師に提案する「処方提案」などの場でも、自分の意見が尊重されてくるでしょう。調剤薬局やドラッグストアで幅広い知識を身に着けた薬剤師とは、専門性と「深さ」の点で、病院薬剤師が圧倒的に上をいきます。

そして、調剤以外の仕事にも携わることが出来ます。例えば、注射剤や輸液について学べます。今日では、調剤薬局やドラッグストアのような企業も輸液を扱うようになり、在宅に力を入れています。ですが、現場で輸液を扱う病院薬剤師の方が、知識と経験で勝ると言えるでしょう。

また、実際に医療現場で働くため、国家試験で学ぶ以上の知識を得ることができます。

さらに、日進月歩の医療現場に身を置いているため、常に新しい知識を吸収することが可能です。

最後に給与面ですが、確かに製薬会社などに比べると病院薬剤師は薄給と言えます。しかし、ドラッグストアが経営状態に左右されてしまいがちなのに比べて、きちんと定期昇給がある病院が多数で、減給になることもほとんどありません。安定した給与体系が約束されていると言えます。

激務であることには変わりありませんが、早くから医療現場の最前線に立てるということがメリットと言えるでしょう。