薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師は当直・夜勤が多い?

病院薬剤師は当直・夜勤が多い?

入院患者を持つ病院で働く薬剤師には、夜勤・当直・オンコールその他不規則な出勤は当たり前にあります。 特に規模が大きければそれだけ業務レベルが高く、こなすべき業務量が多くなり、同じ夜勤でもかなり多忙となる場合があります。 また薬剤師数が少ない病院の場合、一人あたりの夜勤・当直回数が増え負担が大きくなります。

経済的なことを考えると、夜勤を多くこなして手当てをたくさん頂きたいのが本音ですが、ムリをして体を壊してしまっては本末転倒です。 気力・体力ともに旺盛で、かなりの数の夜勤をこなすことが出来る方は病院を選ぶときに選択肢が増えます。 反対に、日勤のみしか出来ないという方は選択肢は少ないですが、日勤のみで当直なしの求人があります。 そして夜勤専従とまではいきませんが、昼間、他の仕事をしているため夜しか働くことが出来ないという方の求人も多くはないですがあります。 当直・夜勤が出来ないとなると転職先を探すのが難しいと思いがちですが、最近は当直・夜勤が出来ない薬剤師でも勤務できる職場が増えてますので、 根気強く自分の希望に沿う職場を探してみることです。皆さんの想像以上にあると思います。

日勤のみ希望の方は、夜勤専従の薬剤師を求人している職場をまずチェックするとか、 薬剤師数を調べてそこから一人あたりの当直・夜勤回数を割り出してみたりする方法があります。 どちらにしろ病院の事情に詳しくないと当直・夜勤の現状を把握することは難しいことですが、 病院薬剤師に特化した転職サイトを利用して専門のアドバイザーに相談にのってもらうことが一番の近道のように思います。

病院薬剤師は日勤のみでも多忙を極めます。休日をしっかり確保するためにも、当直・夜勤のスケジュールは自分の希望に沿うものにしたいものです。 また、薬品の間違いなどのヒヤリ・ハットを防ぐためにも余裕のある当直・夜勤が望ましいですね。

自分は病院薬剤師としてどの程度の当直・夜勤が可能なのかを考えておいて、アドバイザーに相談しながらサイト比較してみてもいいです。 ただ病院薬剤師の求人は非公開のものが多く、それだけ魅力的で人気があるということですが、登録しないと非公開求人を閲覧できないサイトがほとんどですので、 この機会に登録されて、体に負担のない自分の体力に合う職場を探してみてはいかがでしょうか。 緊急時の薬剤の供給やストック薬の管理など、平日以外でも病院薬剤師の役割はとても大きいですから。