薬剤師求人病院トップページ > 沖縄の病院薬剤師求人

沖縄の病院薬剤師求人

沖縄の病院薬剤師求人については、基本的に他の地域と比べると、求人数が少ないです。バリエーションはあるものの、都会と比べればその絶対数は少なく、自然と選択肢の幅は狭くなってしまいます。こうなると、求人を絞ることよりも、それぞれの求人について、そして勤務先の情報や労働環境について、深く掘り下げていく必要があります。多くの求人から絞るという労力はないものの、一つ一つの求人を丁寧に見る必要がるというわけです。また、地方ということに加えて、高齢者の割合も高い県ですので、僻地や薬剤師不足の地域で高待遇を受けられるというメリットはあります。沖縄は僻地であっても温暖で自然環境も整っているので、生活の面で不便があっても、環境にあこがれて他県から移ってくる人もいます。

実際の求人情報も見ていくと、那覇市の病院での調剤業務があります。給与は年収で400万円から600万円と、標準的なものです。パートでは時給1800円から2000円ということで、地域性や物価を考えると、資格の手当も込みで待遇はいいでしょう。また、休日についても土日休み可となっており、全体としてバランスがよく、労働環境は悪くありません。もう一つ注目すべきは、年間休日が120日を超えている点です。薬剤師の病院勤務で、休日を重視する人にとって、年120日というのは一つの基準になります。年収はしっかり確保しつつ、土日の休みも取れることも含めて休日をしっかり取れるということで、条件のいい求人になっています。

他には、同じく那覇市の病院勤務があります。立地はモノレール駅から近く、通勤が便利なのが特徴です。病院の科目は循環器科、内科、整形外科がメインとなっています。処方枚数を見ていくと、入院で200床、薬剤師は3名体制となっています。休日については、日・祝と平日というオーソドックスな形で、月に9日の休みが取れます。そして、給与は年収500から600万円ということで、高めになっています。ただし、勤務時間については、病院の営業形態が24時間365日体制の地域密着型ということで、少々きついかもしれません。好条件になると、それなりに理由があるものしれないので、しっかりチェックしておきましょう。

一方、名護市の病院の求人を見ると、月収で20万から30万ということで、先ほどのものとくらべると低めになっています。ただ、休日は土日・祝という週休二日であり、ここは大きなメリットになるでしょう。この他、17時終業、残業はほぼなしということで、勤務時間や休日についてかなり条件が良いです。