薬剤師求人病院トップページ > 大阪の病院薬剤師求人

大阪の病院薬剤師求人

大阪の病院薬剤師求人について見ていくと、まず大阪には薬学部を有する大学の多さが目立ちます。大阪薬科大学、近畿大学薬学部、摂南大学薬学部、大阪大谷大学薬学部、大阪大学薬学部というラインナップです。実は全国的に見ても、薬科大学および薬学部のある大学が5つもあるのは珍しいことであり、薬剤師を多く輩出しています。そのため、一概には言えませんが、大都市であることも考慮すれば、薬剤師の供給は充分にあり、不足していることはあまり考えられません。

実際の求人の例を見ていくと、枚方市内の病院で調剤、鑑査、管理指導を行うものがあります。目立つのは給与の高さであり、手当を含めた年収は700万円まで可能となっています。その他、福利厚生も健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険と基本的なものは完備されています。休日についても、4週8休制であり、週休二日制を採用しています。病院は地域密着型のものであり、借り上げ社宅も用意されているなど待遇は良いです。病床数は100ほどであり、医師、看護師などといった医療スタッフとの距離が近く、いろいろなことを学べる環境となっています。

他にも同じく高収入の求人を見ると、大阪市内、中之島駅からほど近い病院の求人があります。病院経験10年以上の場合、年収600万円まで検討可能となっており、病院の営業形態はケアミックスとなっています。このために、幅広い業務に携わることが可能であり、スキルアップを目指したい薬剤師の方にはおすすめです。年収の高さのほか、正社員でなくても、パートで時給3000円まで可能であり、給与面は恵まれています。さらに、休日についても土日休みも相談可能ということです。

休日について具体的なものを見ると、日祝を含めて、月に9日、年間では112日と多めになっています。病院のデータを見ていくと、病床数は約100、科目は内科・外科・消化器、呼吸器、美容外科、放射線科、麻酔科、リハビリ科と、幅広くなっています。この求人では諸手当まで詳細に記載されており、まずは通勤手当で上限3万円、住宅手当で2万円、その他特別手当や勤務手当で10万円弱となっており、手当の厚さもあって高収入が得られるようです。

今回見たのは、大阪の中でも高収入の病院勤務の例です。大都市だからと言って、都心部でも求人検索をしっかり行うと、待遇のいい病院は見つかります。一方で、大阪でも西側の他県との隣接する部分など、郊外では求人の内容も変わってきます。