薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の就活の求人倍率は?

病院薬剤師の就活の求人倍率は?

薬剤師という職業は景気に関係なく需要が大きいので求人数は安定しており、就職・転職には困ることはないと一般的に言われています。 薬剤師全体の求人倍率は3〜5倍でとても恵まれており、どちらかというと世間からは羨ましがられる職業です。

しかし大学時代の就活ですでに実感されている薬剤師の方も多いと思いますが、 病院薬剤師の求人数は少ない上に求人が出るのが遅いです。 病院薬剤師は退職見込数がでてから求人を出しますし、新卒者を優遇するのが現状です。 しかも、薬剤師が希望する就職・転職先TOPが病院ですからますます〈狭き門〉となります。

そこで、病院薬剤師として就職・転職するためには、病院と連携をとっていて内部事情に詳しい転職サイトに登録することをお勧めします。 自分一人で頑張って就活・転活するのもいい勉強になりますが、〈狭き門〉を通過するためには良き相談者もいた方が心強いと思いませんか。 医薬分業が進み、増々病院薬剤師が少なくなった現代ですが、それでも病院薬剤師に憧れる方は多く、新卒者・中途者ともに1位の職場です。 そのワケは病院薬剤師として勤務していると薬剤師としてたくさんのメリットを得ることが出来るからです。

患者さんの薬物療法の集約や管理を行う〈薬歴管理〉や治験担当医と治験に参加する方のサポートを行う〈治験管理〉を任されたり、 その資質を認められると薬局長と兼ねて〈管理薬剤師〉を任命されることもあります。 〈病棟専任薬剤師〉になれば、薬剤師が病棟に常駐することになるので保険点数が加算され、病院に貢献できていることが実感できます。 このように病院薬剤師ならではのキャリアアップが出来、得られるものが多いのです。 ハード勤務でその割にはお給料が少ない病院薬剤師ですが、やりがいを最も感じることが出来る職場ではないでしょうか。

病院薬剤師となるには〈狭き門〉をくぐらなければなりませんが、 転職サイトのアドバイザーがしっかりサポートさせていただきます。新卒者の方も転職される方も病院薬剤師となるためには新しい情報が必要です。 いつ、何人くらいの求人を出すか、そしてどの病院が公開して非公開求人とする病院はどこなのか? そういう詳しい事情も把握しているのが転職サイトのアドバイザーなのです。誰もが知っている情報はもはや情報ではありません。 他と比べて求人数が少ない割には人気がある病院薬剤師には理由がありましたよね。 それと同じで、人気がある病院薬剤師の求人を広く公開せず非公開としているのにも理由があります。ぜひ、転職サイトをご覧になってください。