薬剤師求人病院トップページ > 埼玉の病院薬剤師求人

埼玉の病院薬剤師求人

地方で病院薬剤師として働きたいなら、埼玉県は非常に魅力的な地域といって良いでしょう。そのもっとも大きな魅力は求人数が非常にたくさんあることで、2016年4月の主要な転職エージェント10社の合計求人数は24,022件にも上っています。この数字は関東でいえば東京や神奈川に次いで多く、全国的にいえば5番目に多い求人数なのです。埼玉県は、転職希望者にとって非常に活動のしやすい地域だといえるのです。

薬剤師の勤務先は、ドラックストアや調剤薬局、病院・クリニック、製薬会社などがありますが、埼玉県の場合は製薬会社で働く薬剤師の割合が高いという特徴があります。しかし、調剤薬局や病院・クリニックの割合も低いとはいえないので、偏りがなく豊かなバリエーションから勤務先を見つけられるといっても良いでしょう。また、平成26年に実施された厚生労働省による医師・歯科医師・薬剤師調査では、人口10万人に対する薬剤師の人数は196人というデータが出ています。この数字は全国順位でいうと27位となるので、求人が豊富にあるもののそれを満たすだけの薬剤師がいないというのが現状といえます。

中でも病院やクリニックで働く薬剤師は非常に不足しているのが特徴で、人口10万人に対する人数は33.5人と勤務先別の全国順位ではワースト2位に入るほどです。病院薬剤師を目指すなら、埼玉県内で探せば容易なだけでなく、自分の条件にぴったり合ったところが見つかる可能性も高くなるといって良いのではないでしょうか。病院薬剤師はドラックストアなどに比べると年収が低くなりがちですが、大規模な病院ともなれば専門的な知識を身に着けてキャリアアップしていくにはまたとない職場です。やりがいを持つことは、働く上で時に収入以上に大切なものとなることでしょう。

また、薬剤師の場合、正社員だけではなく、パートやアルバイトでもかなり高い時給で働けることは大きな魅力です。しかも、埼玉県ならより一層有利な条件の勤務先が見つかるはずです。薬剤師はその60%が女性といわれていることから、パートやアルバイトの比率も高いという特徴があります。子育て中の人や子育てが一段落してのブランク明けという人でも、自分の生活のペースにあった条件で無理なくキャリアを構築していけるでしょう。もちろん、転勤の多い夫についていく場合も、働き口を見つけやすいのが薬剤師のメリットです。そんな中でも、埼玉県はもっとも有利な地域の一つに違いないのです。