薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師で採用される方法は?

病院薬剤師で採用される方法は?

病病院薬剤師求人に応募し、書類選考に合格し、面接、採用試験等を経て採用になる訳です。いくら自分の希望の病院薬剤師求人に応募したからと言って、採用にならなければ、あなたの病院薬剤師人生をスタートさせることは出来ません。そのためには、就職ないし転職活動期間に病院薬剤師の採用に関しても検討し、それなりの対策を立てなければなりません。

まず病院薬剤師の採用事情に関して調べてみましょう。病院薬剤師の採用事情に関しては、薬剤師専門の人材紹介をおこなう、求人サイトの活用が有効的です。学業やお仕事を続けながらであっても、非常効率的にしかも高いレベルで就職活動を進める事が可能です。薬剤師求人サイトの中では、薬局や病院等就業先毎に採用の傾向や職場の状況等を把握していますし、これまでに多くの薬剤師人材を雇用側に仲介紹介してきた実績を持っています。そのためこれまでの薬剤師さんの就職、転職事例や、具体的な病院の職場事情や採用傾向等を事前に把握する事が出来ます。

病院薬剤師は薬局薬剤師と比較して就職する薬剤師の数も少なく、求人も少ない比率となっています。病院薬剤師の募集が少ない事で競争率が上昇し、そのため応募する薬剤師も少なくなっているともいわれています。病院薬剤師の募集は正社員は新卒薬剤師が多く、中途採用の転職薬剤師は契約社員やパートなどが主流となっているようです。しかし薬剤師転職サイトに非公開で病院側から依頼される正社員の経験者薬剤師の募集も実際にはあります。そういった意味でも求人サイトの登録は、応募のチャンスを逃さずつかめる大切なポイントです。

もれなく求人情報をつかんだら次は採用までの対策です。自分にはどのような病院薬剤師が向いているのか、どんな希望があるのか具体的にしましょう。そうすることで病院薬剤師求人を選ぶ事ができます。仮に採用になったとしてもミスマッチではいけません。応募する書類、履歴書や職務経歴書になりますが、採用側の目に留まるような応募書類にします。詳細なノウハウは求人サイトで得ましょう。

病院に貢献する人材を先方が欲しているのは当然です。自分の意志、採用側の期待などに応える応募動機を書きましょう。薬剤師らしく綺麗で几帳面な文字であることは言うまでもありません。採用試験では薬学に関する知識全般の出題や、面接等があるようです。これも事前に薬学の復習や面接のロールプレイングで練習しておきましょう。