薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の給料は上がりやすい?

病院薬剤師の給料は上がりやすい?

病院薬剤師は業務が多忙のわりに給料が少ないということが言われています。実際にどうなのでしょうか。病院薬剤師の初任給は20〜25万円程度で、年収にすると300〜350万円、その後の年収も400〜650万円と言われています。ドラッグストアには薬剤師手当があり、多少の優遇はされています。さらに製薬企業の中には年収が1000万円を超えるところもあります。

なぜ病院薬剤師は、他の薬剤師の仕事よりも薄給なのでしょうか。

理由の一つとして、人気の職業だからと言えます。病院薬剤師は、病院という医療の最先端に関わりを持ち、自身の専門性を高めることができて、かつチーム医療にも関われます。そして、患者さんや地域に貢献しているという実感ややりがいは、病院薬剤師ならではと言えるでしょう。自然、薬学部卒業生の人気の就職先となっています。人気が高いために、病院側が無理して給料を上げなくても就職希望者が多いのです。

そしてもう一つの理由は、病院内ではマイナーといえる立ち位置だからです。医療財源が困窮し、経営改善を必要とされている今日の病院事情で、人件費を下げざるを得ない状況となっています。ですが、病院で一番必要な人材と言える医師の給料を下げるわけにはいきませんし、一定数以上が必要な看護師も人件費は下げられません。必然的に診療報酬を獲得するわけではない病院薬剤師にしわ寄せがきて、病院薬剤師の年収を抑えざるを得ない状況になっているのです。

では、その病院薬剤師の給料は上がるのでしょうか。一言でいえば、以上の理由などからあまり上がるとは言えない状況です。まったく昇給がないというわけではありません。国公立病院薬剤師は公務員に分類されますし、日赤のように公務員に準じている病院では、県庁職員や市役所職員のように、初任給は低いものの出世していくほどに給料が上がる傾向が見られます。また、少し都市部から離れた地方の療養型病院のように薬剤師が不足している病院でも、ある程度の昇給は見込めるでしょう。ですが、初任給が高い病院の場合は、昇給幅が小さいために、最終的な生涯年収に換算すると他の薬剤師に比べると少なくなってしまうのです。

確実な昇給を希望している方には、病院薬剤師よりも製薬会社などをおすすめします。最初に述べたように、薬剤師としての専門の知識を深めたり、地域への貢献や仕事へのやりがいを求める人の方が、病院薬剤師には合っていると言えるでしょう。