薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の仕事内容は?

病院薬剤師の仕事内容は?

病院薬剤師の仕事の内容はどのようになっているのかと言うと、大きく分けて調剤と服薬指導に分けられます。大規模な病院や大学病院では、薬剤部という医薬に関して専門に担当する部門が組織化されている場合があります。薬剤部は患者様へ処方する薬の調剤はもちろん、医薬学研究の役割を担っている場合があります。また病院内の調剤薬局を設けている病院も多くあります。

病院の規模や組織、専門診療科目の範囲などにより、病院薬剤師の仕事は多岐に渡っています。調剤薬局等の業務としても知られ、薬剤師と言えばまず浮かぶ業務が調剤ではないでしょうか。病院薬剤師は通院患者様、入院患者様などに対して処方する医薬の調剤業務をおこないます。医師の処方箋を受けて、薬剤師が調剤業務をおこないます。ミスのない正確な調剤作業が求められます。新薬の知識や薬の効能、副作用等、幅広い知識の必用となる仕事です。薬学事典や薬学処方のデータベース、他の病院での処方事例などを活用することもあります。

時として、医師の処方箋であったとしても、薬剤師の見知から検討改善するべき点があれば、医師に相談提案することもあるでしょう。このように調剤のプロとして、患者様の病気改善に貢献するという高い意識をもって望む仕事です。大規模な病院ですと、調剤部といった専門のくくりになっている事があり、調剤担当の薬剤師は、患者様に直接服薬指導をしない場合があります。

もうひとつ薬剤師といえば浮かぶ仕事に服薬指導があります。これは患者様に処方された薬の飲み方を説明する仕事です。説明と言っても、その内容を患者様が充分に理解し実行する事が大切です。相手が理解出来るまで丁寧に相手の立場に立って指導します。この際、お客様に対する丁寧な対応をする接客術、コミュニケーション術のようなものが、薬剤師に求められます。

その他、薬や消毒液の製剤をおこなったり、病院内にある医薬品の管理をおこなったりします。医薬品管理は、在庫管理だけでなく必用に応じて医薬品を発注する作業もあります。医薬品によっても使用頻度が異なりますし、在庫数は病院運営にも影響を与えます。また患者様に打つ注射薬の調剤や、医薬品が安全に使えるのかを試験研究することも病院薬剤師の仕事になります。病院に似よっては、薬剤師であっても当直業務のある場合があります。残業の有無は任される仕事や病院によりますが、残業があるケースが目立つようです。