薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の初任給は安い?

病院薬剤師の初任給は安い?

病院薬剤師の初任給を考えるにあたって、国公立病院と民間病院とでは給与体系が異なるということを理解する必要があります。国公立病院に就職した場合、薬剤師資格だけでも公務員扱いになります。そして給料も公務員の給与システムの中で決められます。ちなみにどの国公立病院に薬剤師として就職した場合でも、給料はどこでも一緒です。ちなみに6年家庭の薬学部を卒業して薬剤師になった場合、医療職(二)2級15俸級というランクに分類されます。このランクの場合、初任給は20万800円となります。

この初任給ですが、6年制の医学部やほかの学部で4年プラス2年の6年で卒業した修士のもらう初任給と比較するとかなり安いといえます。ただし公務員の薬剤師の全体的な平均収入を見てみると、月給36万円・年収600万円程度になります。こうしてみると国公立病院に就職した薬剤師の場合、最初の内は給料が低いけれども徐々に年収の上がることが推測されます。また国公立病院の薬剤師になった場合、福利厚生がしっかりしている点も無視できません。たとえば残業をした場合には、残業手当がついてきますので基本給からいくらかの上乗せも十分期待できます。

では民間病院に就職した場合の薬剤師の初任給ですが、これは公務員のように決まりがありません。病院によって自由に給料を設定しています。民間病院の薬剤師の初任給の相場ですが、だいたい20〜25万円といったところが相場になるでしょう。初年度の年収ですが、300〜350万円くらいと思っておきましょう。この後、病院薬剤師もキャリアを積み重ねることで給料はアップします。しかし、年収400万円台に差し掛かったところで頭打ちの状態になることが多いです。もしここから薬剤部長などの管理職に昇進できれば、年収600万円とか700万円といった稼ぎも期待できます。

他の職場と比較すると、病院薬剤師の初任給や収入は決して高くありません。それは日本の健康保険システムが関係しているといわれています。医療費は通常患者当人は3割負担で、残りの7割は国の負担になります。高齢化の中で国は、医療費を少しでも割くような方向を打ち出しています。このため、病院としてみれば人件費の削減は経営上無視できない問題です。病院から見ると医師や看護師と比較すると、薬剤師の優先順位は決して高くありません。このため、薬剤師の給料を低く抑えることで人件費のコストカットを行う傾向が見られるのです。