薬剤師求人病院トップページ > 東京の病院薬剤師求人

東京の病院薬剤師求人

東京の病院薬剤師求人は、求人数だけ単純に見ると地方と比べれば圧倒的です。しかし、その分薬剤師の数も多いです。例えば、人口比に対する病院数の割合をみると、病院数は東京が日本一ですが、人口比は日本でもかなり下位になっています。つまり、病院の割合は少なく、病院薬剤師求人も数は多いが飽和状態と考えた方がいいでしょう。とは言え、薬剤師のすべてが病院に勤めるわけではなく、ドラッグストアや薬局に回っていることも考えられます。

また、東京での求人情報を見ていくと、地方と比べて給料は低めになっています。地方は薬剤師不足で高待遇のところも多いので、それと比べると低めであり、その一方で病院の割合が足りないために仕事が忙しいというのが特徴です。ただ、その分メリットもあり、福利厚生がしっかりしている求人も多いです。そのほか、大きな病院、経営状態の良い病院の数も多く、選択肢は日本でも一番広くなっています。

また、忘れてはならないこととして、首都圏であっても郊外に行けば求人の特徴も変わってきます。特に、郊外の中小の都市では、地方と同じく薬剤師不足になっており、需要が高いところもあります。病院勤務でも、高い給料で良い待遇を受けることができます。交通網も発達しており、郊外であっても1時間以内で都心まで行けるところも多いです。従って、病院勤務を考える際はいろいろな選択肢を考え、都心から郊外まで幅広く検討してみるといいでしょう。距離の割に移動時間がかからず、自宅から遠くとも通勤手当でカバーできる職場も狙い目です。

病院勤務にもいろいろあり、大学病院、民間病院、国立病院、大規模病院、小規模病院、老健と隣接した病院など、その種類はいろいろあります。単純にこれらの選択だけでも給料は変化しますし、得られる経験やスキルも変わってきます。選択肢の多い東京にいるのならば、スキルアップを目指して大規模病院を狙ってみるのもいいでしょう。求人を探す際には、病院内で昇進の可能性があるところを転職サイトなどで探すといいです。一方、安定して働きたいのならば、国立病院に勤めるのもいいでしょう。国立病院は公務員になるので、確実に昇給していき、生涯年収は非常に高くなります。

このように、東京での病院薬剤師求人は、数が多く選択肢も広いので何より情報収集が肝心です。転職サイトのコンサルタントに個別相談し、自分の希望を細かいところまで伝えると、効率よく求人を探すことが出来ます。