薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師を辞めたい例は?

病院薬剤師を辞めたい例は?

薬剤師の多くは最初、病院薬剤師に就職するのではないでしょうか?その理由は「薬剤師としてさらに知識を深めることができる」「薬剤師としてのスキルアップが見込める」「最先端の医療を学べる」「チーム医療の経験を積める」などといったことではないでしょうか。

確かに近年、医薬品のスペシャリストとして薬剤師の地位は上昇しています。志望者も多く、倍率も高いという難関です。しかし、地方の病院や旧体制の大学病院などでは、まだまだ薬剤師の地位は低く、理想と現実のギャップに苦しむ薬剤師が多いのではないでしょうか。

実際、苦労して病院薬剤師になっても数年で辞めてしまうという薬剤師が後を絶ちません。

その大きな理由は、仕事量のわりに安い給料にあります。

薬剤師は全国的に不足しており、そのために一人の薬剤師に対する拘束時間は長く、激務です。加えて薬剤師不足のわりに薬剤師の必要性が病院側に認識されていない状況も見られ、そのために一人がいくつも仕事を掛け持ちしている状況もあるのです。そんな中で、約18000種類とも言われる多種多様な医薬品の扱いを一から覚え、間違いなく処方していくという、身体的・精神的なストレスがのしかかってきます。その割には病院薬剤師の初任給は額面で20万円を下回るところが多いのです。これは、製薬会社の薬剤師などと比べると低い数字です。特に、先に調剤薬局や製薬会社を経験した薬剤師ならば、その激務への対価としては愕然とする数字でしょう。調剤薬局などに比べて、年収が50から100万円違うことも多々あります。

また、福利厚生が製薬会社に比べて悪いという点も、病院薬剤師を辞めたくなる理由として挙げられています。

病院薬剤師を辞めたいもう一つの理由は、人間関係です。病院内での薬剤師の地位はまだまだ低く見られがちで、医師や看護師からの対応があまりよくない病院も少なくありません。「カンファレンスや勉強会に出席しても発言が許されずに肩身の狭い思いをする」「チーム医療と言いながら貢献する機会を与えてもらえない」「病棟に出ても、薬剤師に何ができる?という態度をとられる」などの話が出てきています。

また、病院薬剤師を目指す人は、ドラッグストアや調剤薬局を希望する人たちに比べて、医療に貢献したいという気持ちが強い人が多く見られます。その強い責任感などから、人間関係のしがらみや、まさに激務と言える仕事に対して悩みを多く抱えてしまうのです。