薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の土日休みの求人は?

病院薬剤師の土日休みの求人は?

病院薬剤師として働くうえで気になるのは、休日がいつとれるかということです。理想を言えば、土日休みの求人がベストでしょう。薬剤師は転職をする方が比較的多い職種ですが、転職の際に土日休みの職場を希望する人は非常に多くなっています。それを反映して、求人側でも広告に「土日休み」と表記するところが多くなっています。それは病院勤務にも当てはまるでしょうか。

結論から言うと、病院薬剤師は、休日はシフト制になっているのが普通です。したがって、毎週必ず土日が休みというのは、基本的には難しいです。ただし、シフトの決定方法は病院によって異なり、週単位で行うところもあれば、月単位、あるいは数ヶ月単位で決めてしまうところもあります。事前に希望を出しておけば、ある程度融通は利くでしょう。もう一つ考えておきたいのは、土日に働くと時間外手当が出るので、それを考慮すれば割りきって働くことも可能です。また、中には土日に確実に休日を得られる職場もあります。最も確実なのは、正社員では無く、パートや派遣で働く場合です。特に派遣は就業形態こそ不安定かもしれませんが、給料は高く人気があります。土日に休みたい理由にもよりますが、もし年単位の就業の安定性などにこだわりがないならば、検討してみる価値はあるでしょう。

その他、土日休みの特殊な求人は、非公開求人として存在している可能性があります。ですから、求人サイトを利用する場合でも、非公開求人を多く抱えているサイトを利用するのもひとつの手です。その際には、土日休みを再優先しつつも、妥協案として週休二日の職場、あるいいは休日取得がしやすい職場など、幅広い選択肢の中から探すと、納得できる求人を見つけることができます。

ではここで、薬剤師の職場の中でも、確実に土日に休みがとれるところを見ていきましょう。まず一つは、小規模な調剤薬局、あるいは総合病院の門前薬局があります。これは患者として利用した時のことをイメージすればわかるでしょう。総合病院は基本的に土日は休診であり、薬局も閉まっているイメージがあるでしょう。その他、公務員の薬剤師も確実に土日は休めます。例えば有名どころならば、官公庁勤務、県区市町村の保健所などがあります。一方、ドラッグストアは土日でも営業していないと困りますので、働くとなれば休みをとることは難しいです。こちらもシフト制になっており、パートや派遣でも土日に休みを取るのは難しいかもしれません。