薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師の勤務時間は?

病院薬剤師の勤務時間は?

病院薬剤師の勤務時間ですが、求人情報をチェックしてもらえればわかるでしょう。医療機関やどこで勤務するかで変わってきますが、基本的に1日8時間勤務になります。外来勤務であれば、日勤だけになりますが、病棟勤務の場合、看護師同様、月に何度か夜勤をしないといけないでしょう。年中無休・24時間で患者の管理をしなければならないので、シフトによっては土日や祝日に勤務しなければならない場合もあります。

夜勤を担当した場合、基本給とは別に夜勤手当をつけることが可能です。月に何度も夜勤を担当することになれば、手当による給料の上乗せ効果も十分期待できます。昼夜逆転しますし、日勤をして夜勤をするなどの繰り返しだと生活のリズムがバラバラになってしまって体調管理は大変かもしれません。しかし通常年収400万円台が相場と言われている病院薬剤師でも、夜勤を定期的に担当すれば年収600万円以上稼ぐことも十分可能だといいます。

病院薬剤師の勤務時間の中で注意しないといけないのは、1日8時間勤務はあくまでも原則で、残業の可能性のある点です。人間の命を取り扱う仕事ですから、自分が担当している患者が自分のシフトの終わる間際になって急変することも考えられます。その場合にはシフトの終了時間が過ぎても患者の容体がある程度安定するまでとか、次のシフトの薬剤師が到着するまでは残業しなければならなくなるでしょう。残業はまちまちですが、中には数時間残業を強いられることもあります。特に事務作業の多い職場の場合、勤務時間中は患者の対応を中心として、自分のシフトが終わってから各種事務作業を行うといった人も見られます。勤務先によっては、残業含めるとかなりの長時間労働を強いられる可能性のあることは頭に入れておきましょう。

もし女性の薬剤師で、長時間勤務は家事や育児との両立からなかなか難しいというのであれば、パートや派遣などの形態で仕事をするのも一つの方法です。パートや派遣であれば、正社員と比較すると拘束力は弱くなって、定時で仕事を切り上げることも可能です。パートなどであれば、夜勤なしで日勤だけなどの希望も通りやすくなるでしょう。

子持ちの薬剤師で、夜勤は子供のこともあってできないという人もいるでしょう。病院の中には院内保育園とか託児所などを用意している所も見受けられます。こちらに子供を預け、夜勤をすることもできますから保育園や託児所の有無なども求人情報を収集するときにチェックしておきましょう。