薬剤師求人病院トップページ > 病院薬剤師のやりがい・役割は?

病院薬剤師のやりがい・役割は?

薬剤師は医薬品や調剤でもって人々の健康的な生活の確保に貢献する職業です。とりわけ病院看護師は、通院ないし入院患者様の疾病の治療の一貫として、医薬の専門家の立場から貢献してゆきます。現在医療現場はチーム医療体制がとられている病院が多くあります。そのため、医師や看護師、その他の関係スタッフと連携をとりながら、チームの治療方針に則して薬剤師の立場から病気治療に関わります。

そのため自身の薬の調剤や服薬指導によって患者様が回復してゆく経過や、完治して治療終了もしくは退院される様を実際に確認することができます。医師や看護師などそれぞれの専門的立場での働きもあり、患者が完治へ向かうのですから、お互いの貢献を自分の事のような喜びとして感じる事の出来る職場です。患者様だけでなく、ご家族の協力無くして患者様の回復はなしえません。服薬指導や生活面での注意点を看護師と連携して、患者様のご家族に説明指導する役割を病院薬剤師は担っています。病気が治った時に、患者様やそのご家族から感謝の気持ちを伝えられた時には、病院薬剤師をやっていて良かったと実感するのだそうです。

薬の服用による患者様の回復具合、効き目の出方等を観察する事が可能なのが病院薬剤師です。そのため大学病院では、医薬の効能や処方の方法、医薬品毎の実際の反応等を医薬学術研究に反映させています。病院薬剤師は、患者様への貢献の他に、薬学研究に携ることを希望する薬剤師さんが目指す職場でもあります。

病院内に保有する膨大や医薬品の管理も薬剤師の大切な役割です。保有する種類や数は病院の規模や診療科目によって異なりますが、1,000種類単位に及ぶ場合があります。それら全て、個々の医薬品の成分や効用、副作用、服用方法、使用期限、数量、在庫金額、仕入れ先などをデータベースで管理しています。病院の医師や看護師などスタッフから医薬に関する問合せがある場合、情報を提供します。また当初ある情報以外に疑問点などあったら、製薬会社に問い合わせて疑問を解明します。病院の医薬に関する事柄全般を管理する訳ですからやりがいもありますし、その分責任も重大です。

病院内の医薬全般に関わる為、処方箋による薬の調剤だけでなく、院内で使用する消毒液の製剤や注射薬の製剤等も病院薬剤師の役割になります。非常に多くの関連スタッフとの連携で仕事を進めてゆくので、職場意識や皆でやり遂げる達成感があるようです。